学校法人 華苑学園 熊本看護専門学校
助産学科(助産師課程)

助産学科(助産師課程)

先輩からのメッセージ

6期生 草野 早苗
 看護師そして助産師になりたいという諦められない夢を実現するために本校に入学しました。助産学科に進学する際、大変だと聞いて覚悟していました。実際に、実習では10例のお産に携わり、同時進行でいろんな課題が目白押しでしたが、達成感や充実感でいっぱいの1年間を過ごすことができました。6期生は元気で明るく楽しいメンバーが揃っており、きついときや大変なときは共感し励まし合いながら試練を乗り越えました。お互いの良いところ、嫌なところも認めながら結束を深め、家族のような存在になりました。また先生方は朝早くから夜遅くまで側にいて、わたしたちの不安な気持ちを受けとめ、疲れているときは元気をもらえました。先生方のフォローや優しさを実感しながら、熊本看護専門学校で学ぶことが出来て良かったと何度も思いました。深く感謝しています。これから、自分の目標とする助産師になるため、頑張っていきます。4年間応援し支えてくれた先生方のおかげで夢を叶えることができました。ありがとうございました。
6期生 瀧本 麻美
 私は、幼い時から生命の誕生に興味を持っていました。看護学校の実習で1例のお産に立ち会わせていただき、生命誕生の奇跡に強い感動を覚え、助産師を目指しました。
 1年間の学校生活は凝縮した講義や実習、度重なる課題に挫けそうになる時期もありましたが、同じ夢を持つ仲間やいつも親身になってくれる先生方に支えられ、無事卒業を迎える事が出来ました。
 助産学実習では、10例のお産に立ち会わせていただき、側でケアを行っていく中で、助産師としての役割の大きさを実感しました。妊娠・出産体験は、その後の母子とその家族の生活に大きく影響します。そのため助産師の関わりは重要な責任を担っており、1回1回の関わりを大切にしてくことが必要であると学ぶことができました。
 1年という短い期間でしたが、重要な体験や多くの学びができました。ありがとうございました。
▲ページトップへ戻る